第2回「哲学カフェ」を開催しました!

第2回「哲学カフェ」を開催しました!

 

こんにちは、髙橋です。

 

先日、6月8日に開催された第3回本屋ときがわ町に参加したことをご報告しました。

その際にご報告していなかった第2回「哲学カフェ」について書きたいと思います。

前回の「哲学カフェ」は「愛」をテーマに開催しましたが、今回は「死」をテーマに選びました。

「哲学カフェ」では、なるべく「身近だけど普段正面から考える(話す)ことが少ない何か」をテーマに選びたいと思っており、今回は「死」をテーマにしました。

 

「愛」の次が「死」というのは、なかなか振れ幅が大きく、ふたつは遠い存在と思われるかもしれません。

 

しかし、

たとえば心理学者のフロイトは、エロス(愛=性への衝動)とタナトス(死への衝動)を人間の根源的な欲求と考えました。

エロスは生を持続させようとし、タナトスは生を絶とうとします。つまり、愛と死は「生」という存在の両極端に位置していると解釈することもできるのです。

以上を踏まえると「愛」と「死」が少し近しい存在に感じられませんか?

 

 

「死」をテーマにした今回の「哲学カフェ」ですが、予想以上に沢山の方々に参加いただくことができ、合計8名の方にご参加いただきました。ありがとうございます。

ひとつサプライズがありました!なんと、参加者の1名がわざわざ愛知県からお越しいただいたのです。どうやらその方は全国の「哲学カフェ」に参加し、レポートを作成して公開されている方のようで、今回のために愛知県から日帰りでときがわ町まで足を運んでくださいました。

 

 

そんな嬉しいサプライズもあった今回の「哲学カフェ」、下記の要領で進行させていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<進行>

①これまでに死を強く意識した経験を参加者全員で共有
②死についての哲学者の考えを私(高橋)からご紹介
③死にまつわる様々な問いを全員で話し合う
 →例)死とは何か、死をなぜ恐れるのか、死を意識するべきか否か、etc

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下では、各セクションごとに出た意見や話した内容をまとめます。

 

 

①これまでに死を強く意識した経験を参加者全員で共有

・身内の死に接したときに死を意識した

・死を意識した分、生への意欲が高まった

・死んだ人と全く会う機会のない人との違いがわからない

・常に「死とは何か」を意識して生きてきた

・死が怖くてスピリチュアル系の本を読み漁った

・小さいころに死にそうになった

etc

 

→予想通りではあったのですが、基本的に「身内の死」を死を強く意識した経験として挙げる方が多かった印象です。

→死が怖い(怖かった)という言葉も多く出てきました。

 

 

②死についての哲学者の考えを私(高橋)からご紹介

・古代ギリシアのヘレニズム期の哲学者エピクロス

・エピクロスの快楽主義は、「貪欲に快楽を求める」というイメージとは全く違う

・エピクロスの快楽主義は、アタラクシア(心境の平静)を目指す

・アタラクシア(心境の平静)は、あらゆるわずらわしさによって心が乱されていない状態のこと

・エピクロスの格言—「隠れて生きよ」

・エピクロスによれば「死はなにものでもない」

・死が現に存在するとき我々は存在せず、我々が現に存在するとき死は存在しない

・人間は自ら死を経験することはできない

 

 

③死にまつわる様々な問いを全員で話し合う

→最後は話し合う時間がなかったので、「死とは何か」「死が怖いか」「死はなぜ怖い」などの問いについて各々で自由に考えていただき、共有するだけとなってしまいました。また、問い自体が無理ゲー感たっぷりな問いなので、私も含めてはっきりした答えを持つ人は少なかったようです。

・死者と生者はステージが違う、別世界にいる感じ

・お迎え現象、死ぬ直前に何が見えるのか

・死の直前の痛みなどの怖さが、死の恐怖につながっている?

・死ぬと思っても、人間は結構しぶとい

・死を他の言葉で言い表すのは難しい

・死について考えることは重要かもしれないが、まずは生を充実させることが重要

 

死を意識することで生をより良いものにするというようなポジティブな考えを持たれたかたが多くいらっしゃいました。

 

 

前回同様、私自身とは異なる考えや新たな視点を参加者の方々が与えてくださいました。ありがとうございました!

 

例によって、下記の行動原則にあてはめてみます。

―「大人の学び」7つの行動―(中原淳著『働く大人のための「学び」の教科書』

行動① タフアサインメント=タフな仕事から学ぶ

行動② 本を1トン読む

行動③ 人から教えられて学ぶ

行動④ 越境する

行動⑤ フィードバックをとりに行く

行動⑥ 場をつくる

行動⑦ 教えてみる

今回は行動③、行動④、行動⑥、行動⑦です。

ときがわ町へ越境し、「哲学カフェ」という場をつくり、参加者の皆さまに教えてみたり、教えられて学んだりしました。

よし、学ばな。。。

第3回本屋ときがわ町に参加しました!

第3回本屋ときがわ町に参加しました!

 

こんにちは、髙橋です。

 

先日、第3回本屋ときがわ町で「哲学カフェ」を開催させていただくことを告知しました。

6月8日に第3回本屋ときがわ町に参加してきましたので、今日はご一緒したお店を簡単にご紹介します。

「死」をテーマに開催した今回の「哲学カフェ」については後日書きたいと思います。

 

 

ゲスト出店は私を含め5店でした。

 

うち3店は常連さんです。

・本屋ネコオドル@寄居町の清水さん

 →本物の本屋さん、いつもきれいな陳列でさすがです!前の本屋ときがわ町で清水さんが出品されていて思わず買ってしまったのが↓

 

・Full本屋×ノユーク@坂戸市の風間さん

 →奥様のノユークさんは午前中に「読書会義:ノユークさんによる「旅トーク:住宅地図で遊ぼう!」」というイベントを開催され、とても盛り上がっていました!

 

・私(manana bagelとしてベーグルを販売)

今回は下記を販売しました。

 

・プレーン

 

・アールグレイ

 

・ごぼう昆布チーズ

 

・いちごドライフルーツ

 

・ハムチーズサンド

 

・ベーグルラスク

 

 

残り2店はご新規さん。

・Bikkuriponya@桶川市の石渡さん

 →初めて詩人さんにお会いしました。三つ目のイベント「勉強会議:「『データから考える教師の働き方入門』著者と語ろう!」」では、教師の働き方改革に悩める現役教師の方々にズバっと鋭い問いを投げかけておられて、さすがだと思いました。おそらく多くの方が普段触れることが少ない詩集や歌集が販売されていました。

 

・移動絵本屋てくてく@ときがわ町の小原さん

 →いつもTwitterでベーグルの写真に♡いいね♡してくれるてくてく👣やっぴーさん。移動販売車が映えますね!今後はハーブティーやハーブコーヒーも提供できるようになるようで楽しみです。大人向けの絵本が沢山あります!

 

出店される方は皆さん個性的で、毎回楽しいですね。

 

 

この本屋ときがわ町というイベント、今回で第3回でした。

私は第1回から毎回参加していますが、回を重ねるごとに訪れてくれる方々が増えてきている気がします。

そして、いらっしゃる方々の中には、「自分もなんかやりたいと思っているんです・・・」という方が一定数いらっしゃいます。

そんな方々がどんどん参加していただければ、もっともっと面白くなると思います。

「たったの1,000円で、あなたも出店してみませんか?」

※次回の本屋ときがわ町は7/21(日)の予定です。

詳しくはときがわカンパニーHPから!

例によって、下記の行動原則にあてはめてみます。

―「大人の学び」7つの行動―(中原淳著『働く大人のための「学び」の教科書』

行動① タフアサインメント=タフな仕事から学ぶ

行動② 本を1トン読む

行動③ 人から教えられて学ぶ

行動④ 越境する

行動⑤ フィードバックをとりに行く

行動⑥ 場をつくる

行動⑦ 教えてみる

今回は行動④と行動⑥です。実は明日もときがわ町へ越境してまいります!

よし、学ばな。。。

【告知】第2回哲学カフェ in 本屋ときがわ町(6/8)

【告知】第2回哲学カフェ in 本屋ときがわ町(6/8)

 

こんにちは、髙橋です。

 

今日は告知です。

6月8日に開催される本屋ときがわ町で「哲学カフェ」を開催させていただくことになりました。

本屋ときがわ町は今回で3回目、「哲学カフェ」は2回目です。

(第1回の様子はこちら

 

本屋ときがわ町は、毎回新しい出店者がいたり、毎回違う催しがある楽しいイベントです。

今回は三つのイベントがあり、私はそのうちのひとつ「哲学カフェ」の進行をさせていただきます。(毎度素敵なお声がけをいただき嬉しい限りです。)

(出店者としてベーグルの販売もさせていただきます。)

 

 

第3回本屋ときがわ町の全体のイベントスケジュールは下記の通りです。

<イベントスケジュール>

・10時~11時30分 読書会義:ノユークさんによる「旅トーク:住宅地図で遊ぼう!」

・12時30分~14時 哲学カフェ: manabana高橋さんによる「死」について哲学的に考え語り合う時間

・15時~17時 勉強会議:「『データから考える教師の働き方入門』著者と語ろう!」

 

 

「第2回哲学カフェ」(12時30分~14時)

前回の哲学カフェでは、「愛」をテーマに皆さんとお話しました。

哲学カフェは、身近にありながらもそれについて深くは考えたことはないというものをテーマにしています。

今回のテーマは「死」です。

死は、(現在のところ)すべての人間に訪れるものです。

ただ、死は社会的に忌避されることも多く、正面から死について考えることや、他者と語ることは少ないと思います。

「愛」の次が「死」というのは、かなりの振れ幅が大きいとは思いましたが、むしろそれでいいと思いました。

当日は私が作成した簡単なレジュメをお配りし、それに沿って下記の要領で進行させていただく予定です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<進行>

①これまでに死を強く意識した経験を参加者全員で共有
②死についての哲学者の考えを私(高橋)からご紹介
③死にまつわる様々な問いを全員で話し合う
 →例)死とは何か、死をなぜ恐れるのか、死を意識するべきか否か、etc

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

参加費の中にベーグルの代金が含まれておりますので、ベーグル2個 or  ベーグルサンド1個をお召し上がりいただけます。

また、トヨ元家さんが自家焙煎のおいしいコーヒー「宇宙コーヒー」を淹れてくださいます。前回の哲学カフェの際に初めて飲ませていただきましたが、香り豊かで飲みやすく、うちのベーグルにもぴったりでした。楽しみです。

ときがわカンパニーHPに「宇宙コーヒー」のおいしい淹れ方が載っていました→「「宇宙コーヒー」のトヨ元家さん」

 

 

最後に少しネタバレを。。。

「死」をテーマにした今回の哲学カフェでも、過去の哲学者の考えを紹介します。

今回は、古代ギリシアの哲学者エピクロスさんのお考えを取り上げる予定です。

古代ギリシア哲学でもヘレニズム期の哲学者で「快楽主義」のエピクロス派の祖としても有名な哲学者です。

私は元々ソクラテス・プラトンを勉強していたので、それほど詳しくないのですが、彼の「快楽主義」は生き方の参考になる部分も多いです。

「快楽主義」と聞くと欲望にまみれるようなイメージを持たれるかもしれませんが、エピクロスが唱える快楽主義はそのイメージとは全く異なります。(というか、「快楽主義」はネーミングミスな感じです)

詳しいことは「哲学カフェ」当日にお伝えしたいと思っています。

エピクロスの考えについて知りたい方は↓の本が最適でしょう。

出・岩崎訳『エピクロス 教説と手紙 』岩波文庫

(自分もただいま再読中です!)

 

例によって、下記の行動原則にあてはめてみます。

―「大人の学び」7つの行動―(中原淳著『働く大人のための「学び」の教科書』

行動① タフアサインメント=タフな仕事から学ぶ

行動② 本を1トン読む

行動③ 人から教えられて学ぶ

行動④ 越境する

行動⑤ フィードバックをとりに行く

行動⑥ 場をつくる

行動⑦ 教えてみる

今回は行動③、行動④、行動⑥、行動⑦です。

毎回のことですが、片道3時間のときがわ町は越境、小旅行です。

「哲学カフェ」は自分にとって、場をつくり、教えてみることができる貴重な機会ですが、同時に他の方々から様々な考えを聞かせていただき、人から教えられて学ぶ場でもあります。

よし、学ばな。。。

【行動②本を1トン読む】20190509

【行動②本を1トン読む】20190509

 

こんにちは、髙橋です。

 

今日は【行動②本を1トン読む】企画です。今回も読んだ本の重量を追加したいと思います。

ちなみに前回の投稿までの総重量は、27,469gでした。

河野哲也著『じぶんで考え 自分で話せる こどもを育てる 哲学レッスン』河出書房新社・・・284g

近年注目が高まるこどもへの哲学教育。

考える力、話す力をやしなう「こども哲学」を実践、研究する著者の「こども哲学」への入門書。

先月ときがわ町で初めて「哲学カフェ」の進行役をつとめさせていただいて以来、哲学×教育(人材開発)の可能性について考えるようになりました。

本書で語られる「こども哲学」は、その名の通りこどもへの教育を想定した内容となっていますが、おとなへの教育にも適用可能なエッセンスが詰まっています。また、対話による哲学教育の歴史も同時に学べる良書でした。

著者の河野哲也氏は立教大学文学部教育学科教授であり、またNPO法人「こども哲学 おとな哲学アーダコーダ」の副代表理事でもあります。

 

 

「こども哲学」の基本的な考え方の一つは、対話という営みによりこどもたちが本来持っている考える力を引き出し、伸ばすということです。

では、ここでは「対話」をどのようなものとして位置付けているのでしょうか。

対話は、ただの会話とは違います。対話とは、驚きから始まり、探求と思考によって進む会話のことです。「なんでそれが辛かったの」「どうしてその時そう考えたの」「なんでそんな振る舞いをしたの」といったように相手の経験やそれに関係する振る舞いや考え方に驚いて、私たちは問いを発します。そして、相手のことを理解して、自分とどう違うのかを明確にしようとして話を続けます。他人の経験は、自分にとって考える材料の宝庫です。

 

 

「哲学カフェ」を行った際に、「哲学とは何か?」という問いに「こどもに戻ること」と参加者の方にお話することがありました。

本書でも似たような記述があり、共感しました。

小さなこどもと接したことのある人は、こどもたちの疑問や質問がいかに哲学的で、どれほど根本的であるかを知っていらっしゃると思います。

 

 

また、

こども哲学で第一に重要な特徴とは、「探求の共同体」という対話集団を形成することを目指す点にあります。

 

 

そして、こども哲学の対話授業は、基本的に次のような手順で進められます。

(0)哲学対話の説明

(1)テキストを読む

(2)テーマと問題を決める

(3)探求的な対話をする

(4)対話を振り返り、吟味する

 

 

私は学生時代に古代ギリシア哲学を学んでいました。

当時はいかに哲学書を理解するかというアカデミックな哲学に没頭していることが多かったように思います。

本書を読んで、これからは「哲学をどう使うか」という視点で、改めて哲学の可能性を考えてみたいと思いました。

そしてそれは、哲学の実践家であり続けたソクラテスに立ち返ることになのかもしれません。

 

 

その他、

 

山本直治著『人材コンサルタントに騙されるな!』PHP新書・・・160g

 

三戸政和著『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』PHP新書・・・167g

 

前回までの総重量27,469gに、今回の284gと160gと167gを加算します。ということで、現在の総重量は28,080gとなりました。

例によって、下記の行動原則にあてはめてみます。

―「大人の学び」7つの行動―(中原淳著『働く大人のための「学び」の教科書』

行動① タフアサインメント=タフな仕事から学ぶ

行動② 本を1トン読む

行動③ 人から教えられて学ぶ

行動④ 越境する

行動⑤ フィードバックをとりに行く

行動⑥ 場をつくる

行動⑦ 教えてみる

今回はもちろん行動②です。今後も1トンを目指して読んでいきます。

ああ、学ばな。。。

【行動②本を1トン読む】20190424

【行動②本を1トン読む】20190424

こんにちは、髙橋です。

 

今日は【行動②本を1トン読む】企画です。今回も読んだ本の重量を追加したいと思います。

ちなみに前回の投稿までの総重量は、25,232gでした。

4月20日、21日で参加した「ときがわabc&d days」での「哲学カフェ」開催にあたり、プラトン関係の本で読み返した数冊。その他何冊か読みましたので重量を追加します。

プラトン著『饗宴』光文社古典新訳文庫・・・160g

エロスは、よいものを永遠に自分のものにすることを求めているのだ

『饗宴』はプラトンの著作の中でも特にお気に入りで繰り返し読んでいる作品ですが、最近は読んでいなかったので、「哲学カフェ」のおかげで久しぶりに読むことができました。

 

土屋賢二著『哲学塾 もしもソクラテスに口説かれたら―愛について・自己について』岩波書店・・・199g

主題は「愛」と「魂」。平易な文章で書かれており、対話ベースでソクラテスの考えを紹介している。著者の土屋賢二さんは哲学者でもあり、ジャズピアニストでもある方。

土屋さんのインタビュー記事がネットに出ていた。面白い。

 

大谷由里子著『はじめて講師を頼まれたら読む本』中経出版・・・224g

「哲学カフェ」では講師というよりも進行役でしたが、一応の心構えとして家からときがわまでの道すがら読みました。その中にあった「クイズタイムで聞き手を引き込む」は、実際に「哲学カフェ」でも試してみました。

 

前回までの総重量25,232gに、今回の160gと199gと224gを加算します。ということで、現在の総重量は25,815gとなりました。

例によって、下記の行動原則にあてはめてみます。

―「大人の学び」7つの行動―(中原淳著『働く大人のための「学び」の教科書』

行動① タフアサインメント=タフな仕事から学ぶ

行動② 本を1トン読む

行動③ 人から教えられて学ぶ

行動④ 越境する

行動⑤ フィードバックをとりに行く

行動⑥ 場をつくる

行動⑦ 教えてみる

今回はもちろん行動②です。今後も1トンを目指して読んでいきます。

ああ、学ばな。。。

「哲学カフェ」を開催しました!(ときがわabc&d days 2日目)

「哲学カフェ」を開催しました!(ときがわabc&d days 2日目)

 

こんにちは、髙橋です。

昨日の投稿で、ときがわカンパニー合同会社様が主催されるイベント「ときがわ abc&d days」に参加しとことをご報告し、20日に出品者として参加した「本屋ときがわ町」についてのお話しました。

今日は、21日に進行役を務めさせていただいた「哲学カフェ」についてご報告したいと思います。

「ときがわ abc&d days」のabc&dとは、

・Art・・・Artokigawa展に参加
・Books・・・「本屋ときがわ町 ioffice店」で、Business Booksを探す
・Community・・・「地域Community」について語り合います
・Deep thinking・・・哲学カフェで、深く考える(Deep thinking)

のことです。

「哲学カフェ」は、21日の8:15~9:45で実施しました。

カフェというだけあり、ちゃんと食べ物と飲み物があります。

私からはmanana bagelのベーグルをご用意しました。

味の種類は、

・プレーン

・チョコ

・味噌こんぶ

・春菊チーズ

の4種類です。

 

飲み物は、鳩山町のトヨ元家さんが自家焙煎コーヒー「宇宙コーヒー」をご提供くださいました。コーヒーの苦みがしっかりあるのにとても飲みやすく、朝にピッタリなおいしいコーヒーで好評でした。ごちそうさまでした。

参加者は関根さんと私を含め合計8名となりました。

「哲学カフェ」は下記のレジュメを使って進行していきます。(PDFはこちら

(今回は「愛」がテーマなのでピンク!ピンク!ピンク!で作りました)

 

・進行役(私)より趣旨、スケジュールの説明

 →「哲学カフェ」を開催することになったきっかけと経緯

 →レジュメを見ながらこの会の大まかな流れを説明、確認

 

・①あなたの愛するものをひとつ教えてください

 →まずは身近なものについて考えることから入っていきます

 →参加者全員がそれぞれ愛するものを紹介し、なぜ愛しているのかなどを語っていきます

 →家族、本、猫、場、歌、野球、民俗学、音楽、きゅうりetc、本当に多種多様なものが飛び出しました

 

・②愛について、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの考えをご紹介

 →哲学は「子供に戻った」気持ちになって、「なんで?」「どうして?」を繰り返す一種の営み(私の勝手な考えですが)

 →哲学のPhilosophyは「知恵を愛する」というギリシャ語から

 →語源をたどれば、ソクラテスのいた古代ギリシャを意外と身近に感じられる

 →ソクラテスは変人!?

 →プラトン著『饗宴』の中でソクラテスは愛について「善への欲望」と考えた

 

・③愛とは何かみんなで考える、対話する

 →「愛とは何か」をそれぞれが考え、発表してもらいました

 →様々な意見が出ました

・単純接触効果

・自分の一部

・自分が受け入れられるもので、他者と共有できるもの

・同化

・相手のありのままを受容する

・自己形成の素

・「愛はI」

 →「愛」は「自分」という視点を抜きには語れない、といった傾向がありました

 →また、相手との関係がうまくいかないときは、お互いの相手に対する愛の種類や性質にズレがある!?

例によって、下記の行動原則にあてはめてみます。

―「大人の学び」7つの行動―(中原淳著『働く大人のための「学び」の教科書』

行動① タフアサインメント=タフな仕事から学ぶ

行動② 本を1トン読む

行動③ 人から教えられて学ぶ

行動④ 越境する

行動⑤ フィードバックをとりに行く

行動⑥ 場をつくる

行動⑦ 教えてみる

今回は行動⑥です。

「哲学カフェ」という(学びの)場づくりに進行役というかたちで関わらせていただきました。哲学の専門家でもない私に貴重な機会を任せてくださった関根さん、そして当日参加いただいた皆さん本当にありがとうございました。

会の最後には、他にもこんなテーマ(運命、自由、善悪、死、時間)でやってみたいといったご意見もいただきました。他のテーマで、また様々な方々と「子供に戻って」、哲学的に語り合う機会があればうれしいですね。

今回の「哲学カフェ」の開催について、ときがわカンパニーHPの記事はこちら。(関根さん、記事執筆ありがとうございます!、合同会社maikkaさん動画編集ありがとうございます!)

さあ、学ばな。。。