※ブログ更新※【行動②本を1トン読む】『ポスト平成のキャリア戦略』その他20200127

 

 こんにちは、髙橋です。

 

 今日は【本を1トン読む】です。

 

 今回も読んだ本の重量を追加したいと思います。

 ちなみに、(2019年1月1日~)前回の投稿までの総重量は、53,255gでした。

 

  ▼

 

塩野誠・佐々木紀彦著『ポスト平成のキャリア戦略』幻冬舎・・・259g

 

 読んでいるときに面白いと思ったところを事前にTweetしていておいたので、

 それをもとに感想を書いていきます。

 

S T A R T

 

 

 これからの時代に、一つの会社の中だけで通用する組織固有スキルよりも、他の会社でも通用する汎用的スキルの方が重要になってくるという認識の方は多いのではないでしょうか。

 それはもちろんそうなのですが、

 汎用的スキルだけあればいいというわけでもありません。

 組織固有スキルがあるこそ特別な仕事を任されることもあります。

 また、汎用的スキルを安易に解釈してしまうと、

 汎用的スキル=「誰でも簡単にできること」となってしまいかねません。

 これからの時代に備えて汎用的スキルを身につけようとして、資格の本やビジネス本に思わず手が伸びるという人は多いと思いますが、そうやってすぐに手に入るスキルはすでに陳腐であるか、すぐに陳腐化します。

 山口周氏も先日次のようなTweetをされていました▼

 

 汎用的スキルの理想は、あらゆる人や組織から求められて通用すると同時に、「この人でないとダメ」というものにしていくことです。

 このようなスキルは、

 一つのことをとことん奥深くまで追求した変態レベルに到達するか、

 あるいは、

 複数のスキルを掛け合わせたことで生じるもの

 ではないか、と思います。

 私もそういったスキルをまだ持ち合わせていないので、まだまだこれから。。。

 

  ▼

 

 

 「カオスの中での判断」というのは、怖いものです。

 ですが、十分な情報や将来予測がない中で意思決定するという経験が人をもっとも成長させるということです。

 こういった困難な状況での経験がその後の成長につながるということは他の識者もよく言っていると思います。

 例えば、

 リーダーシップ論で有名な神戸大学の金井壽宏氏はそういった経験を「一皮むける経験」と呼んでいますし、

 本ブログでも使っている立教大学の中原淳先生の「大人の学び 7つの行動」の第一の行動として「タフな仕事(タフアサインメント)から学ぶ」という原則を上げられています。

 

「中原淳 大人 子ども」の画像検索結果"

(中原淳『働く大人のための「学び」の教科書』)

 

 変化が激しく急速な時代(近代社会)において、大人はただ日常を過ごしているだけでは、新しい物事をどんどんキャッチアップしてくる自分より若い人たちに取り残されてしまいます。

 大人は何もせずに大人のままでは入れません。

 そのため、自らをカオスの中に投げ入れ、そのなかで意思決定をする経験を積んでいくことが重要だと思いました。

 

  ▼

 

 

 成長するためには、自ら考えて決断し、実行していくことが大切です。

 ↑の「カオスの中での判断」という経験が人を成長させると言われるように。

 しかし、意思決定のための判断材料をできるかぎり増やしたり、異なる視点を持った人間の考えを受け止めることも同時に重要なことです。

 そうすることで、より正確な、成功率の高い意思決定をすることが可能になります。

 そのため、コーチャブルである、つまり指導可能である人間であることは重要です。

 そのためのコーチャビリティ(指導可能性)は、自分や他者に対する素直さや謙虚な姿勢、周囲への関心といった心理的に開示的な側面が重要だと思います。

 僕もコーチャブルな人間であるために、自らの姿勢に注意していたいところです。

 

  ▼

 

 元ライブドアであり今も先進的な領域で活躍されておられる塩野氏とNewspicksの佐々木紀彦さんの対談ということで、知的に刺激的な内容にあふれた書籍でした。

 

  ▼

 

その他

永田 稔・村上 朋也著『AI活用によるデジタル人事の教科書』幻冬舎・・・354g

 

姜尚中著『姜尚中の青春読書ノート』朝日新書・・・127g

 

ということで

 

 前回までの総重量53,255gに、今回の259gと354gと127gを加算します。

 ということで、(2019年1月1日~)現在までの総重量は53,995gになりました。

 

今日の名言

 

書物そのものは、君に幸福をもたらすわけではない。ただ書物は、君が君自身の中へ帰るのを助けてくれる。

 

― ヘルマン・ヘッセ ―

 

 

 

「大人の学び」7つの行動  

中原淳『働く大人のための「学び」の教科書』

 行動タフな仕事から学ぶ

 行動本を1トン読む

 行動人から教えられて学ぶ

 行動越境する

 行動フィードバック

 行動場をつくる

 行動教えてみる

 

 

 さあ、学ばな。。。

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA