※ブログ更新※孤独は山になく、街にある。三木清『人生論ノート』。寂しさを感じない人間が考える「寂しさ」・「孤独」。

 

 こんにちは、髙橋です。

 

 最近よく頭のなかでぐるぐると考えることがあります。

 

 「寂しさとは何か」

 

 この「寂しさ」というものがわたしにはどうもよくわからない。

 いや、ことばの意味としてはだいたいわかります。

 ただ、それは言語的に理解しているにすぎず、

 体験的に理解できていないから、

 よくわからない。

 

 食わず嫌いとも少し近いかもしれない。

 使われている食材や他の人の感想から

 だいたいの味がわかっていても、やっぱりわかってはいない感じ。

 

 わたしにとって「寂しさ」はそれにも近い。

 「寂しい」ということばは、

 日常よく聞くことばではないが、

 めったに聞かないことばでもない。

 

 ひとことで言えば、

 わたしが「寂しさ」のことをよくわからないのは、

 わたし自身が「寂しさ」を感じたことがないからです。

 結局これ。

 

 だから、

 目の前の人が、○○な時に寂しさを感じると言っているとき、

 状況に応じて、共感の表情を見せるがウソをついています。

 それも面倒なときは、「なにがどう寂しいのかがよくわからない」と言ってしまいます。

 

 わたしにとって、「寂しさ」を感じられる人はすごいひとで、

 これは皮肉ではなく、単純に、

 いままで見てきた人の中でも

 「寂しさ」を感じているひとやそれを感じてそうな人は、

 すごく幸せそうに見えるひとが多い気がします。

 

 でも、

 そもそも、寂しさが感情ではないのなら、

 わたしが「寂しさ」を感じたことがないのは、

 ごく普通のことかもしれません。

 でも、

 「寂しさ」はどうも感情くさい。

 でも、

 わたし自身は感じたことがないからわからない。

 

  ▼

 

 ひとつ先人の考えを見てみます。

 三木清という有名な日本の哲学者がいます。

「三木清」の画像検索結果"

 三木はフランスの哲学者パスカルやマルクス主義について研究した哲学者ですが、

 彼はこんなことばを遺しています。

 

孤独は山になく、街にある。

一人の人間にあるのでなく、大勢の人間の「間」にあるのである。

孤独は「間」にあるものとして空間の如きものである。

(『三木清全集第一巻』「人生論ノート」262頁)

 

 「寂しさ」は、正確には「孤独」とは違うかもしれないですが、

 「寂しさ=孤独感」と言うことも多いですよね。

 

 三木のこのことばを素直に受け取れば、

 「孤独」それ自体は、主観的感情ではない。 

 ある種の客観的状態に近いのでしょうか。

 

 三木の言う「間」が孤独の正体であるならば、

 この「間」がゼロな状態が「NOT孤独」なのか。

 いや、そうではないでしょう。

 「間」の大小が問題なのか。

 「間」の大きさ、つまり「距離」なのか。

 そうなると、人間to人間の距離が大きいことが孤独なのか。

 

 しかし、この考えも微妙な気がする。

 なぜなら、「孤独は山になく、街にある」ということばが意図しているのは、

 人と離れて一人でいるからと言って「孤独」とは言えないよ、

 むしろ、他者の存在があることで立ち現れてくるものだ、

 ということでしょう。

 

 そして、

 三木が言うように、

 この「間」、「空間」自体が「孤独」だとするならば、

 個人が受け取る「寂しさ」や「孤独」といった感情(感覚?)は、

 「間」の認知と言える。

 

 それでは、

 「寂しさ」や「孤独」を感じられないという人間は、

 「間」の介在しない状況にあるか、

 「間」を認知する機能が無い、あるいは不全なのか。

 

 この筋だと、

 わたしは、「間」認知機能不全人間かもしれません。

 ん~、あるか?笑

 

  ▼

 

 と、

 うだうだと書いてきましたが、

 まだまだ腹落ちした感覚はありません。

 

 「寂しさ」って、

 「うれしい」とか「たのしい」とかよりも捉えづらい気がしていて、

 実際わたしみたいに、「寂しさ」を感じたことがないひと、

 あるいは、そう考えて生きているひとはたくさんいる気がします。

 

 だから、

 今後も「寂しさ」や「孤独」について、

 考えたことや知ったことがあれば、またブログに書こうかと思います。

 

 それでは!

 

  ↓

  ↓

  ↓

 例によって、下記の行動原則にあてはめてみます。

  ↓

「大人の学び」7つの行動(中原淳著『働く大人のための「学び」の教科書』

行動 タフアサインメント=タフな仕事から学ぶ

行動 本を1トン読む

行動 人から教えられて学ぶ

行動 越境する

行動 フィードバックをとりに行く

行動 場をつくる

行動 教えてみる

  ↓

 今回は行動⑦です。

 これは教えているとは言えないかもしれませんが、

 少なくとも、三木の名言「孤独は山になく、街にある」をご紹介しましたので、あしからず。

  ↓

  ↓

  ↓

 さあ、学ばな。。。

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA