※ブログ更新※「働かない50代問題」に思うこと:退屈とうつ

 

こんにちは、髙橋です。

 

最近話題のネットの記事でトヨタも悩む新50代問題 もうリストラでは解決できない」という特集があります。

そのパート1では、「「終身雇用難しい」発言の舞台裏 トヨタ社長が焦るワケ」と題し、トヨタ自動車の労使双方への取材から明らかとなった「働かない50代問題」が報告されています。

 

記事によると、トヨタにはいまだに年次昇格枠が設定されており、そのため出世する道筋がわかりやすい状態にあるそうです。

例えば、40歳手前で課長に、40代後半で部長というのが基本的な出世コースというものらしく、「このコースから外れると挽回はほぼ不可能」とのこと。

そして、問題の50代については次にような語りが紹介されています。

 

「あぶれた50代も肩書が付く場合があるが、部下はいないし、与えられる仕事も大きくない。相当モチベーションは下がっている。それでも年収で1200万円はもらっているから誰も辞めない」と40代社員は言う。

 

確かに、

社内でも高給取りの50代社員が大した仕事もせずモチベーションも低い状態と言うのは会社にとって大きな損です。

その分のお金で優秀な若手を2人は雇えます。

しかし、

日本の解雇規制や日本の終身雇用の象徴でもあったトヨタとしてはなかなかバッサリとはいけないものです。

最近は、大手企業を中心にある年代以上の社員から希望退職を募ることが増えてきていますが、それはそれで本来残ってほしい人材が辞めて、そうじゃない人材が残ったり、ターゲットを定めた社員を希望退職に応募させるように画策したりなどさまざまなダークな苦労を伴います。

トヨタに限らず、この働かない50代(あるいは働かないおじさん)問題には今後も多くの企業が苦悩すると思います。

 

と、ここまで会社側への不利益について書いてきました。

しかし、加えて考えたいのが働かない50代と呼ばれてしまっている当の本人についてです。

彼らは、世代的に20代、30代の体力や気力にあふれていたころ、猛烈に働いて会社の成長に貢献してきたことでしょう。

それこそ、家庭など顧みずに。

しかし、40代でキャリアの節目を迎え、出世コースに乗ることができなかった。

そして、50代の今、それほど重要な仕事を任されることもなく、モチベーションが低い状態で毎日働いています。

若いころ企業戦士として猛烈に働いてきた彼らにとって、今の状態はものすごく「退屈」なのではないでしょうか。

もちろん、1日中やることがないという状態に置かれるという人は少ないでしょう。しかし、自分の今後に資する良い経験をもたらすようなチャレンジングな仕事をできるような環境に置かれる可能性は少ないということだと思います。

 

この退屈さというものが本人の精神衛生上よくないのではないかと思わずにはいられないのです。

例えば、「定年後うつ」という言葉があります。

これは、主に定年後の男性がそれまでの会社員生活の終了とともに、日々のやるべきことやそれを果たす責任感などがなくなり、喪失感の中で徐々に生活への活力をなくし、何もやる気が起きなくなったり、不眠症になったりすることを指しています。会社の中で長い時間を過ごしてきた中高年男性は人間関係が会社内で完結している人も多く、会社を離れることでやることがなくなるだけでなく、コミュニケーションを取る相手も一気に減少します。そのような定年という節目で生じる精神的な落ち込みを「定年後うつ」と呼ぶことがあります。

このことから推測できるのは、退屈さはうつを引き起こす可能性があるということです。

 

話を「働かない50代問題」に戻すと、ここで問題とされているような人たちも上のようなうつを発症する定年後の人たちと同じように、ある種の喪失感を抱えるのではないかということです。

遮二無二働き、会社に貢献してやりがいある仕事をしていたころと比べて、やりがいのある仕事を望めども与えられず、今の仕事を一生懸命こなしたところでその評価が将来につながるわけでもない。

彼らも大きな喪失感を抱えるのではないでしょうか。

この「働かない50代問題」はトヨタに限らず日本全体にとっても大きな問題でしょう。

またそれは会社にとっての経済合理性といった点だけではなく、当の本人たちの精神衛生に関わる社会問題でもあると思えてなりません。

(以上は、私の勝手な仮説ですのであしからず)

 

 ▼

 

今日は「働かない50代問題」について、退屈さがうつを引き起こす可能性について考えてみました。

この「退屈」の問題は今後の人類にとって重要な意味を持っています。

例えば、今後AIやロボットがさらに発展、普及するなかで、人間が「やるべきこと」ではなく「やりたいこと」に時間を使う社会になったとき、「○○をやりたい」というモチベーションを持たない人間は「退屈の刑」にかけられることになるかもしれません。

 

ああ、学ばな。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA